スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MSI N760GTX Twin Frozr 4S OC レビュー

MSI N760GTX Twin Frozr 4S OC が6月29日発売で今日届きましたのでレビューしていこうと思います

_( _´ω`)_<今回は真面目にレビューだぬ~

CIMG0004.jpg


では購入したMSIのN760GTX Twin Frozr 4S OCについてレビューしていきます

購入したオンラインショップはFaithという所で購入しました理由はアマゾンより安くて送料無料だったからです

ちなみに値段は36000円位ですhttp://www.faith-go.co.jp/parts/detail/?id=194945

冷却性能がTwin Frozr 4Sということなので結構良いと思いMSIのこちらにしました。

今回は比較対象として以前自分が使用していたGTX570と比較しながらレビューしていきたいと思います


CIMG0019.jpg

今回購入したN760GTX Twin Frozr 4S OCです 見た目がかっこよくていいですね(_´ω`)


CIMG0009.jpg

そしてこちらのN760GTX Twin Frozr 4S OCにはおまけとして画像のような小さいカードにバイオハザード6PC版のSteamで使えるシリアルコードがおまけで付いてきます。


後つけるとこんな感じ
CIMG0023.jpg




CIMG0020.jpg

比較対象のZOTACのGTX570です



ではまず比較するベンチマークやゲームなどを用意しましたので紹介していこうと思います

使用するベンチマークは以下の2つ

【3DMARK11 Basic Edition】

【BIOHAZARD 6 ベンチマーク】


使用するゲームは以下の3つ
【Far Cry 3 】 【Crysis3】 【Battlefield 3】


使用するPCのスペックは以下の通りとなります

---◆◇PC構成内容◆◇-------------------------------------------------
【 OS 】Windows(R) 7 Home Premium 64ビット 正規版 ※SP1適応済み
【 CPU 】インテル(R) Core(TM) i7-2700K プロセッサー (クアッドコア/3.50GHz/TB時最大3.90GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
【 CPUファン 】LGA 1155用 CPU FAN
【 メモリ 】8GB メモリ [ 4GB×2 (DDR3 SDRAM PC3-10600) / デュアルチャネル]
【 HDD2 】1TB SerialATAIII 7200rpm (SATA 6Gb/s対応 / SATAIII接続)
【 マザーボード 】◎インテル(R) Z68 Expressチップセット
【 VGA 】NVIDIA(R) GeForce(R) GTX570 /1280MB/Dual DVI とMSIのN760GTX Twin Frozr 4S OC
【 ドライブ1 】BR3D-12FBS-BK BD/DVD/CD対応 Blu-ray 3Dに準拠したブルーレイディスクの再生に対応
【 3.5ドライブベイ 】18メディア対応マルチカードリーダー (SDXC対応/microSDスロット搭載/ブラック)
【 ケース 】■【G-Tune】NEXTGEAR専用ハイグレードATXケース
【 SOUND 】[オンボード] ハイ・ディフィニション(HD)オーディオ
【 LAN 】[オンボード] 10/100/1000BASE-T GigaBit-Ethernet LAN
【 電源 】700W 大容量電源 (80PLUS(R) GOLD)


CIMG0013.jpg

部屋の温度は約29~30度の環境で比較していきます


CIMG0014.jpg
他に今回は電源も何ワット使用しているか目安で見ていきます


ではまず2つのGPUの性能(スペック)を3DMARK11で比較
無題
左がGTX570右がN760GTX Twin Frozr 4S OC になります




では始めにBIOHAZARD 6 ベンチマークの結果を見ていきたいと思います

ggg.jpg

GTX570がスコア6640  N760GTX Twin Frozr 4S OCがスコア9566という結果になりました

こうしてみるとバイオハザード6のPC版が無料でついてくる位だからこれくらいは当たり前かな?と思いました

一応電源に関してはGTX570が約260~280W  N760GTX Twin Frozr 4S OCは約240~260Wだったので約20WほどGTX570より低い電力消費でした





次は3DMARK11 Basic Editionの結果を見ていきます

sukoa.jpg
左がGTX570右がN760GTX Twin Frozr 4S OC になります

3DMARK11の結果でだいぶ性能の違いがわかってくると思います

こうしてみると圧倒的にN760GTX Twin Frozr 4S OCのスコアがGTX570に比べて高いことがわかります。

電源の消費ワット数はさほどちがいませんでしたがN760GTX Twin Frozr 4S OCのほうが5~10Wくらい低かったです


GTX570は当時の発売した時の価格で40000~50000円位だったと思うのでN760GTX Twin Frozr 4S OCは今回発売した時の価格で36000円なのでこうして考えてみるとこのスペックとこの価格はとても良いものだと思えます





では最後に3つのゲームで比較してみようと思います

※またゲームのグラフィック設定はすべてそのゲームで出せる最高設定で解像度は1980×1080のフルスクリーンで行った結果となっております。

※なおこちらで表記しているFPSはあくまで大体の目安としてみてください環境によってはまったく同じになることはありません それを踏まえて見ていただけたら幸いです。


【Battlefield 3】

【最高値】

GTX570・・・50FPS

N760GTX Twin Frozr 4S OC・・・70FPS
              
【平均】

GTX570・・・40~45FPS

N760GTX Twin Frozr 4S OC・・・60FPS

【最低値】

GTX570・・・38FPS

N760GTX Twin Frozr 4S OC・・・55FPS

以上の結果となりました BF3はもともとGTX570を推奨GPUとして販売していたこともあるのでなかなかの結果です

ですがやはりN760GTX Twin Frozr 4S OCはGTX570に対して約15~20FPSほど数値が高いです
これだけのスペックなら今度発売されるBattlefieldシリーズ最新作のBattlefield4でも快適にプレイできると思うのでBF4を買う人は是非N760GTX Twin Frozr 4S OCに乗り換える価値はあります。

また今現在使用してるGPUがGTX570のスコアに近い人はN760GTX Twin Frozr 4S OCを購入すれば結構恩師を受けられると思います。






【Far Cry 3 】

【最高値】

GTX570・・・30FPS

N760GTX Twin Frozr 4S OC・・・40FPS
              
【平均】

GTX570・・・25FPS

N760GTX Twin Frozr 4S OC・・・35~37FPS

【最低値】

GTX570・・・20FPS

N760GTX Twin Frozr 4S OC・・・30FPS

こちらのFar Cry 3の結果に関してはGTX570ですらこんな低いスコアなのか!!と少し驚きました
ですがN760GTX Twin Frozr 4S OCはそれでもGTX570に比べて10FPS程高い数値を出しています。
FPSは結構低い値の結果となりましたがプレイしていてカクカクすることや重いと感じることはなくプレできるので問題なくプレイできるレベルだと思います。

Far Cry 3を購入予定の方はGTX570に近い性能の場合N760GTX Twin Frozr 4S OCを購入すれば10FPS分くらいの恩師を受けることができますので考えてみてはいかがでしょうか。







【Crysis3】

【最高値】

GTX570・・・40~45FPS

N760GTX Twin Frozr 4S OC・・・35FPS
              
【平均】

GTX570・・・35FPS

N760GTX Twin Frozr 4S OC・・・30FPS

【最低値】

GTX570・・・25FPS

N760GTX Twin Frozr 4S OC・・・21FPS

Crysis3の結果となります
こちらに関しては少し興味深いことがありましたので少し長く書いていきます。

上の数値を見てもらうとわかると思いますがGTX570のほうが>N760GTX Twin Frozr 4S OCに対して5~10FPS数値が高いです、何故今までGTX570が>N760GTX Twin Frozr 4S OCに対して低いスコアをだしていたにもかかわらずここで変わってくるのか?

ですがゲームをしていると不思議とわかってくることがありました

それは GTX570でプレイしているとき、重くてカクカクしてしまいまともにできない状態だということです
ですがFPSは>N760GTX Twin Frozr 4S OCよりも5~10近く上回る数値は出ています。

次に>N760GTX Twin Frozr 4S OCでプレイした場合なのですがこちらはプレイにまったく支障がなく快適にプレイすることができます、GTX570のようにカクカクしたり重く感じることもなく普通にプレイできます。ですがGTX570よりもFPSが5~10も低いのです。

いったいこの二つのGPU違いはなんなのか?

自分ではわかりませんでしたですがFPSが低くても快適にプレイできる>N760GTX Twin Frozr 4S OCのほうが明らかに性能としては高いと思いますしこの事実だけは変わりません

なので結果としては>N760GTX Twin Frozr 4S OCのほうが良いということがわかりました。





まとめ
以上のすべての結果からミドルスペックGPUとしては価格36000円の割には結構優秀ということがわかりました。

GTX570は当時の発売した時の価格で40000~50000円位だったと思うのでN760GTX Twin Frozr 4S OCは今回発売した時の価格で36000円なのでこうして考えてみるとこのスペックとこの価格はとても良いものだと思えます。

4Gamerさんのレビュー記事
4Gamer GTX760レビュー

↑の4Gamerさんの記事をみるとわかりますが今回のN760GTX Twin Frozr 4S OCはGTX660Tiより少し性能が高いGPUでなおかつ現在40000円~45000円はするGTX670にすら同等に近いスコアを叩き出しているGPUになります。つまり36000円でGTX670に近いスコアを叩き出しなおかつ電力も極力抑えてある結構優秀なミドルスペックGPUになります。
※ただしOC(オーバークロックモデル)に関してのみGTX670相当の性能になります。

後冷却性能なのですが今回比較したGTX570とN760GTX Twin Frozr 4S OCではGTX570よりN760GTX Twin Frozr 4S OCの方が2~6度位低い温度になるという結果でした。
※(すべてのベンチマーク、ゲームで温度の違いは2~6度ほどでした)
Twin Frozr 4Sという冷却性能が良い製品なのですが今回は買ったばかりでまだよく試していないこともあり、そこまで性能を発揮していない感じだったのですがファンの回転数なども少しいじってみると結構冷えるファンだと思います。Twin Frozr 自体の冷却性能はユーザーから評価が高いので間違いはないと思います。

消費電力に関してはGTX570より約10~30ワット程しか大差はありませんでした、たぶんすべて比較検証したときのゲーム側の設定などはすべて最高設定のグラフィックにしたからこうなってしまったのは仕方ないかもしれません
設定を下げてプレイすればもう少し消費電力は抑えられると思います。

このGPUは今後どんどんと市場に出回っていずれGTX660TIを超える存在になるのではないのかなと自分は思っております。

是非ここのレビュー記事をみてN760GTX Twin Frozr 4S OCの購入を考えてみてはいかがでしょうか?

CIMG0025.jpg

というわけでシャナが久々に真面目にレビューしてみました_( _´ω`)_ちかれた…
関連記事

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/02/12 01:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shanablog4941.blog106.fc2.com/tb.php/137-11a2f721






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。